おもいでblog

避難訓練

保護者の方々

今日は、今年度初めての避難訓練です。「机上訓練」で行いました。

一斉放送で、「どうして避難訓練をするのか」という話を聞きました。

話を聞いた後、「緊急地震速報」の音をみんなで聞きました。怖くても泣かずに聞いています。

次に「火災報知器」の音をみんなで聞きました。

放送があったときには、静かに放送を聞きましょう。そして、身を守る事が大切なのです。

 

「おかしも」の約束忘れないで下さいね。

クラスで約束を確認した後、年中・年長組は実際に避難すべり台を滑ってみました。

2階には、「避難すべり台」と「避難階段」二つの避難口があります。

ペアークラスで順番に滑り、避難する場所を確認しました。

ここに避難階段があるのです。みんなで確認しました。

初めての避難すべり台。ちょっと怖いね。

 

避難するときは、靴を履き替えている暇はありません。上履きのまま外に避難する練習をしました。

ペアークラスの片方の先生が誘導をし、もう一人の先生が最終確認をします。

今回は初めての避難訓練なので、子ども達と一つ一つ確認していきました。

確認が終わったクラスから、保育室に戻りました。

避難の後の「点呼、確認」をしています。

もちろん来た順に並びます。

今日は、年少組は放送だけの訓練をしました。

これが「緊急地震速報」です。震度4以上の地震が予測されるときに作動します。

これが「火災報知器」です。出火場所を教えてくれます。