おもいでblog

給食試食会

保護者の方々

5月の給食のメニューです。こんな風に配膳され運ばれてきます。

会長挨拶

園長挨拶

給食センターの方から、衛生管理についての話しをしていただきました。お弁当は基本「冷めてからふたをする」「作って6時間以内に食べる」ことが大切だそうです。

髪の毛などが給食に入らないように、このような帽子をかぶり調理や配膳をしています。

給食センターで給食を作っている様子のビデオを見ました。

今日の給食です。偶然ですが「給食ニュース」で料理研究家の服部さんが紹介しているメニューの日でした。

栄養士さんが、栄養バランスなどの話をしてくれました。そのあと、皆さんの質疑応答に答えてくださいました。

いよいよ試食です。こどもたちと同じように、トイレと手洗いを済ませた後、小さい学年の人から給食を取りに行きました。両手でしっかり持ってくださいね!

準備ができたので、手を合わせてみんな一緒に「お食事のご挨拶をします、頂きます」「どうぞめしあがれ」

アレルギー食の人は、間違えないように他の子とふたの絵を変え、「トーマスのお弁当箱」です。

医師の診断の元、アレルギー代替え食を希望される方は、直接給食センターの栄養士さんとお話をして、代替え食を準備してもらいます。さらに間違えがないように、代替え食対象者の名前が給食に貼られて運ばれてきます。そのお弁当を園長が描くテーブルに回り、見てもらい説明をしています。

10連休後のこどもたちが給食を食べている様子を撮影したビデオを見ながら試食しています。

ピカピカに食べた後の御弁当箱は、こんなにかわいらしい絵が描いてあるのですよ。

みんな一緒に「ごちそうさまのごあいさつをします。ごちそうさまでした。」

試食会の後、こどもたちがお弁当を食べている様子を、そーっと見てもらいました。