おもいでblog

おみこし作り(年長組)

保護者の方々

年長組おみこしのテーマは「身近な生き物」です。

もみじ組は「カワセミが魚を加えているところ」

すみれ組は「シャチ」モデルのシャチのぬいぐるみを横に置いて気合いが入っています!

さくら組は「カマキリ」

色や、カマキリのカマの部分が特にこだわりです!

もちろん年長組は、作業に入る前はじっくり話し合い。みんなが納得しなければお神輿は作れませんからね!

年長組になると、段ボールまで自分たちで切ってしまいます。

何を考えているのかな?自分たちのお神輿なので、色々考えることがいっぱいです。

モデルを横に置きながら、かたちをみんなで考えるすみれ組。

カワセミも肉づけの前は、こんな箱のかたちだったんですね。

新聞紙を丸めて肉づけしながら「細い部分は新聞紙の量を少なくした方がいい」と気づいた年長組。さすが、年中の時の経験が生かされていますね。

カワセミの足です。図鑑を見ながら作っているので、ちょっとこだわりです!

シャチのかたちができあがってきましたよ!

こんな様子でお神輿は作られてきましたよ。みんなのアイディアがいっぱいのすてきなお神輿です。

カマキリもいつの間にかに、こんなにできあがってしまっていて、写真が少なくてごめんなさい。

この顔がお気に入りのようです。みんなでお神輿担いで頑張ろうね!