おもいでblog

避難訓練Ⅴ

保護者の方々

今日の避難訓練は、「火災報知器」を使った火災の避難訓練です。

火災報知器が鳴りました。驚いていますが静かに先生のそばに集まっています。

「台所から出火」です。煙を吸わないように手で口を押え、防災頭巾を被り外に避難です。

子どもたちは、先生の話に耳を傾け急いで避難しています。

避難滑り台から避難するクラス。

避難階段から避難するクラス。

台所から反対側の壁側を通って玄関から外に避難するクラス。

 

お部屋のドアから外に避難するクラス。

園舎から一番離れた場所に集まっています。

全員が園舎から3分30秒以内に外に避難できました。ただいま点呼確認中です。

5分以内に全園児の点呼が確認できました。

「煙は上に行きます。煙を吸ってしまうと命の危険性があります。では、どのように逃げたらいいでしょうか?」年少さんが見本を見せてくれました。「そうです!ハンカチがなかったら手で口を押え、煙を吸わないように低くなって逃げるんですよ」一人一人が先生の話をよく聞き、自分で考え避難できた訓練でした。

訓練後、クラスごとに入室しました。

年少さんも、防災頭巾を自分でしまえるようになってきましたよ。

年中組も、自分の防災頭巾は自分でカバーに入れていますよ。

食後、遊んでいる途中のクラスもあったようですね。

年長組は、火災の時・地震の時の自分の身の守り方を自分たちで考え、行動できるようになってきました。