おもいでblog

冬野菜の種まき(年中組)

保護者の方々

年長組さんに野菜の育て方を教えてもらい、冬野菜の種まきをすることになった年中さん。

ばら組は、人参と大根に決まりました。

種は小さいので、手の平にのせて落とさないように慎重に種まきをしています。

「たくさん芽が出ますように・・・。」

小さな種を指でつまんで、そーっと種を穴に中に入れています。

人参と大根、早く芽が出るとよいね。お世話をよろしくお願いします!

もも組は、ほうれん草と人参です。

法蓮草は、石灰を事前に混ぜたアルカリの土を作っておきます。

マルチをかけずに、土の低くなっているところにそーっと種をまいています。

ほうれん草なのに、赤い種でびっくり!です。

次は人参の種まきです。

人参は指で穴をあけて、その穴に入れてそーっと土をかけてあげます。

両手を合わせて、気持ちが入っていますね!お世話頑張ってくださいね(^O^)/

込み合わないように、男女分かれて種まきを行いました。

みんな、一生懸命に種まきを行いました。

そうです、お世話はこの「畑用のじょうろ」で、水揚げをします。

ゆり組の冬野菜は「人参と大根」

3クラス共通は「人参」みんな人参が大好きなんですね(*^^)v

小さな種をかわいらしい掌にのせて、慎重ですね。だって、落としたら大変ですのものね!

かわいらしい指でそっと穴をあけて・・・。

種をまいた後は、優しく土をかけてあげます。

「たくさんできますように・・・。」

これからこのジョウロでお水をあげて、お世話を頑張っていきます!