おもいでblog

お泊まり会(一日目編)

保護者の方々

年長組のみんなが元気に登園してきました!

「朝ごはん食べてきた人」「はーい!」と、園長の問いかけに元気いっぱい答える子供たち。

子供たちの様子は、レーザーキッズでお伝えしますね。明日のお迎えよろしくお願いします。

おうちの方に見送られ、子どもたちはクラスごとにバスに乗車です。

今回は、マイクロバスにすみれ組

大型バスにさくら・もみじ組が乗車しました。

おうちの方たちに見送られ、元気に「いってきまーす!」「いってらっしゃーい!」

「青木屋ホテル」の看板が見えてきましたよ。

「筑波山が四季を楽しめる山になった理由」を聞かせてもらっています。

筑波山神社の鳥居が見えてきました。大きいね。

みんなで作った「筑波山お泊り会マップ」を、もう一度見ています。

つつじヶ丘に予定より少し早く到着です。

早速クラス集合写真「さくら組」

「すみれ組」

「もみじ組」

とても湿度が高かったので、トイレを済ませてからロープウェイで山頂駅に行きました。

一度に全員は乗れなかったので、二グループに分かれて乗車しました。

最初にさくら組が山頂駅に到着です。

10分遅れで出してもらった臨時便のロープウェイに乗って、もみじ組とすみれ組が到着です。

山頂駅は風が違い湿気も少なく、子どもたちは元気もりもりです!

準備体操も終わり、いよいよ山頂めざし出発です!

山頂駅の周りは、まだアジサイが色鮮やかに咲いていました。

「やっほー!」とやまびこごっこをしながら、女体山山頂を目指して歩いています。

山頂からの景色です。

山頂でクラス集合写真です。「さくら組」ばんざーい!

「もみじ組」やったー!✌

「すみれ組」ばんざーい✌

女体山神社の横を通って山頂から降りていきました。

こんな岩ばかりの斜面を慎重に歩いていきました。

これから女体山を下り、コマ展望台を目指して歩きます。

その前に、みんなで給水タイム。

歩きにくい場所には、男性スタッフが優しく手を貸してくれました。

転んでも仲間が声をかけて励ましてくれます。

大きな岩は、後ろ向きになって両手を使って降りています。

楽しみにしていた「ガマ石」

チャンスは一度!

グループごとに一人一回投げました。石が入るとお金持ちになるんですって。入ったかな!(^^)!

セキレイ茶屋の前を通過。ここには大きな「セキレイ石」があります。

ここからの下りは、大きな石がいっぱいで急です。捕まるロープまでありました。急だったので写真が少なくてすみません。

岩場を通過すると。丸太の階段。

その先には、木の根っこがいっぱい。根っこは冒険山で慣れているけれど、幼稚園では体験できない自然がいっぱいです(*'▽')

コマ展望台まであと少しです。

ラストのすみれ組もコマ展望台の前に到着です。

ここで、みんなが楽しみにしていたお弁当。

初めは曇っていたのですが、徐々に雲が切れてきて暑くなってきたので、お昼の時間は短くしました。

おうちの方のお弁当を食べたら「元気もりもり!」

ママからのメッセージが入っていた子もいて、読んでから大切にしまっていました。

男体山をバックにクラス集合写真です。「さくら組」

ご飯を食べて元気が戻りました。「もみじ組」

写真撮影をしていたら、こんなに大きなトンボがやってきました。「オニヤンマ」のようですね。

「すみれ組」

コマ展望台の近くに「紫峰杉」の看板。

リュックを置いて見に行きました。

男女川の源流が出ていて、手洗い場となっていました。筑波山は女体山と男体山があり、神様も女の神様と男の神様がいます。そこから男女川ができたといわれています。

大きな木がいっぱい「このきがおおきいき?」って、何回も聞かれました。

この木が「紫峰杉」です。

源水に触れ「つめたい!」って一言。気持ちよかったです。

順番に源水に触れました。

紫峰杉のほかにも、大きなブナの木もあり自然と♪ちいさなたねからめをだして~♪と、大きい木を口ずさむ子どもたちでした。

お楽しみの中の一つ。ケーブルカーに乗車です。

山の中に敷かれたレールを走る電車です。

もみじ号とすれ違い「ばいばーい!」

あっという間に「宮脇駅」に到着です。

ケーブルカー沿いの登山道で、アイスタイム。

木陰で食べるクーリッシュアイス。おいしいね。

嫌いな子も食べてしまいました。

アイスを食べた後は、「出世稲荷」を通って筑波山神社に到着。出世稲荷様には両サイドに狐の置物がありました。お祈りをして願いが叶ったら、油揚げをもってお礼参りに行くそうです。みんなその話を聞いて、お願いをした後ちょっと驚いていました('ω')ノ

筑波山神社の中にはパワースポットがあったり、色々な発見がいっぱいです。