おもいでblog

10月虫特集

保護者の方々

虫を見つけてきた子ども達。とっても嬉しそう♡

お腹が大きかったので、卵を産みやすいように小枝を入れてあげたけれど残念。小枝ではないところに卵を産んでしまいました。

餌のバッタを捕まえ飼っています。でも、心配そう(-_-)

子ども達の見えやすい高さの所に飼育ケースが置いてあります。

 

カマキリ、バッタ、トカゲなど・・・。いつも子ども達に見守られています。

トカゲを持てる子が増えてきましたよ。

これはなんの虫の飼い方かな?

「おうちのにわにいたよ」ともってきてくれた幼虫。興味ある子達が図鑑で調べて、おうちを作ってあげたようです。

子ども達は、むやみに虫を捕まえてくるのではなく、捕まえた虫の名前や飼い方など調べてお世話をしているのです。お世話をしながら「命の大切さ」を学んでいるのです。

飼育ケースの蓋に何か付いているよ!

カマキリが何かしている!

「カマキリ産卵中」降園前に、カマキリのこの様子を発見!みんなで産卵を見守ってあげました。

無事卵がかえると良いですね。だんだん寒くなり、カマキリやトカゲの餌が難しくなってきました。先日「もう餌を見つけられないから、自然に帰してあげる」と、とかげ2匹を捕まえたところに戻して上げている姿を観ました。「トカゲの恩返し」夢の中で出てくるかな(^_^) 虫の世話をしながら、色々な事を学んでいる子ども達です。