おもいでblog

柏市消防局東部消防署見学(年長組)

保護者の方々

消防士の方が迎えてくれました。「よろしくお願いします!」

これから、二つのグループに分かれて消防署内の見学です。水色帽子のさくら・すみれ組は庁舎内の見学です。

白帽子のもみじ組は、消防車の見学からスタートです。

ポンプ車には、お風呂満水の水2杯分の水(6㍑)がタンクに入っているそうです。話を聞いていたら急に「救急車出動の放送」もみじ組は、救急車が消防署から出動する瞬間を見ました。

消防服は防炎で出来ていて、蛍光色の部分が一番先に溶けてきて200度。その時は、危険信号なので消防士さんも逃げるそうです。

この消防着は400度まで大丈夫だそうです。一部の子が着せてもらいました。あまり重くないそうです。

ポンプ車を見て質問!「このふといのはなぁに?」「ポンプ車の水がなくなったら,他からくみ上げポンプ車の中に入れるホース」と、消防のお兄さんが、わかりやすく教えてくれました。

この画面に、通報のあった場所が地図上に表示されます。

出動の時に着る服は、素早く支度が出来るように、防炎ブーツとセットされ置かれていました。

2階には、事務所がありました。

ここは食堂。朝と夜の食事を作るそうです。

食事中でも、出動の放送が入ったらすぐに着替えて出動。お風呂もシャワーのみ。シャワー中でも放送が入ったらすぐに着替えて出動!いつ、出動になるかわからないので必ず仕事中にどこかに行くときは「○○に行きます」と、仲間に言ってから行くそうです。

消防の吹奏楽部の楽器です。音楽活動をしながら、消防のことを伝えているそうです。

どんな場所で火災が起きるかわかりません。なので空いている時間に、このような物を使ってトレーニングをしているそうです。

昔の消防器具です。

消防車見学していたもみじ組が、庁舎見学の為に中へ入ってきましたよ。

この部屋は仮眠室。何時放送があるかわからないので、服を着たまま寝ています。出動の放送があったら顔も洗わずすぐにスタンバイです!畳の下に毛布が入っているそうです。

さくら・すみれ組は、庁舎見学の後消防車の見学、ポンプ車の話を聞きました。

新しく柏東部署にきた「救助工作車」 人命救助なので、この消防車には水は入っていません。

この黄色いホースは、プールなどから水をくむ際、ホースの中でゴミはとってくれる働きがあるそうです。

火災現場に入っていく際に付けていく「空気ボンベとメンタイ」 空気が少なくなってくると音でも教えてくれるそうです。

大きな火事の時に煙を飛ばす機械。みんなの帽子がとばされそうなほど凄い風でした。

空気のボンベは、このように背負います。

メンタイは、こうやって顔に付けて空気(酸素)を吸います。消防士さんも身を守り消火作業や救助をしてくれるんですね。

最後に出動がなかったので、レスキューの方の訓練を見せて頂きました。

この壁は建物と見立てて、素早く登る訓練!

二人で協力して上ります。凄い速さで上ったのでみんなはビックリ!

これは、一人で登る訓練です。

次は降りる訓練です。数えていた子は「2秒だ!」と、ビックリしていました(^^)/

次の人は、一瞬で降りてきてしまいました。

次は、建物の途中で救助をする訓練です。

救助する階に到着した想定で、救助用のロープの準備をしています。

救助中には色々な事が考えられるので、横に跳んだり・・・。

後ろに跳んだり・・・。

逆さまになったりなったりなど、色々な訓練をしているんですね。

訓練終了の敬礼は,かっこよかったです!「火事の時は、119番に電話」と教えてもらいました。

かっこいい消防士さんと、消防車の前で記念撮影!「もみじ組」

「すみれ組」

「さくら組」

見送ってくれた消防士さんに「さようなら!」 将来の夢“消防士”の子が今日は増えたようです♡とても親切に説明をして下さった柏東部署に皆様、ありがとうございました。